めもてふ

Python, Latex, Fortranを取り扱います

日本語用のテンプレート(Lualatexでフル装備)

重た目のレポート書いたりとか論文の下書き用

Index.tex

\documentclass[12pt,a4]{ltjsarticle}
\usepackage{MyStyle}
\usepackage{MyCommands}
\title{タイトル}
\author{名前}
\date{\mytoday}
\begin{document}
    \maketitle
    % 内容
\end{document}

MyStyle.sty

% 論文を書くのに必要なパッケージ
\usepackage{empheq} % (AMS)の上位互換.綺麗に連立一次方程式とか書ける
\usepackage{amssymb} % 数式用のフォントを含む
%\usepackage{amsfonts} % pxフォントを使うので使用しない
\usepackage{bm} % ベクトルを表示する
\usepackage{mathtools} % 式番号のコントロールができる
\mathtoolsset{showonlyrefs=true} % 引用されない式番号は載せない

\usepackage{graphicx} % 画像の挿入、回転、拡大・縮小ができる
\usepackage[hang,small,bf]{caption} % 図、表を縦横に並べられる
\usepackage[subrefformat=parens]{subcaption}

\usepackage{pgfplots} % texでグラフを書けるパッケージ
                      % pgfplotsを読みこめばtikZも一緒に読み込まれる
\usepackage{booktabs} % 表のセルの結合とか綺麗に罫線引いたりに使う
\usepackage{pgfplotstable}
\pgfplotsset{filter discard warning=false}

\usepackage{hyperref} % pdf中にリンクの埋め込みをしてくれる
\usepackage{listings} % TeX文章中でコードを埋め込める
\usepackage{verbatim} % テキストを直接出力する環境の定義パッケージ

\usepackage{algorithm}
\usepackage[noend]{algpseudocode} % アルゴリズムを表示できる
\renewcommand{\algorithmicrequire}{\textbf{Input:}}
\renewcommand{\algorithmicensure}{\textbf{Output:}}
\newcommand{\stt}{\State}
\newcommand{\In}{\Require}
\newcommand{\Out}{\Ensure}

\usepackage{physics} % 物理系の人におすすめ
\usepackage[hmargin=1.8cm, vmargin=1.8cm]{geometry} % 余白の設定
%\usepackage{setspace} %   行間を設定するパッケージ
%\setstretch{1.3} % 行間


% 日本語の論文では必要だと思われる設定
\usepackage{newpxmath}
\usepackage{luatexja}
\usepackage{luatexja-fontspec}
\setmainfont[BoldFont=IPAexGothic]{IPAexMincho}
\setsansfont{IPAexGothic}
\setmainjfont[BoldFont=YuGothB]{yumin}
\setsansjfont[BoldFont=YuGothB]{YuGothM}



% 日本語で「定理」とか「証明」とか書きたい
\let\openbox\relax
\usepackage{amsthm}
\theoremstyle{definition}
\newtheorem{theorem}{定理}[section]
\newtheorem{definition}{定義}[section]

MyCommands.stayle

% 日付を書き込むためだけのコマンド
    \newcommand{\mytoday}{%
        \the\year/{\ifnum \month < 10 0\the\month \else \the\month \fi}/%
        {\ifnum \day < 10 0\the\day \else \the\day \fi}}

% 集合
    \newcommand{\bN}{\mathbb{N}}
    \newcommand{\bZ}{\mathbb{Z}}
    \newcommand{\bbN}{\in \mathbb{N}}
    \newcommand{\bbZ}{\in \mathbb{Z}}